ハネ釣り名人、今中毅のハネ釣り必釣法

2015年12月22日

ハネ釣り仕掛け2

仕掛けというのは、ハネ釣りの場合、
浮きから含めてバランスをとりましょうといいました。

そのバランスは、
場所、天候などでも変えていかなければならないものです。

基本は、
ハネ釣り必釣法
の中で、今中会長が詳しく述べられていますから参考にしてください。

私が好んでハネ釣りに行くところは、
今中会長のホームグランドと比べて、水深が浅く、
風の影響を受けやすいところです。

流れの速さも、結構ありますのでそれなりの工夫が必要です。

水深が浅いということは、錘は小さくてよく05号の錘でOKです。
ですから、浮きも感度の良いヘラ浮き、チヌ浮きで可能です。

風の影響を出来るだけ受けないようにトップは細い浮きとし、
足は長くても胴の細い、短いものが流れの影響も受けにくいです。

冬場の寒バネを狙うことが多いので、水が澄んでおり、
道糸は細いほうが有利になります。

ぎりぎりの1.25号くらいまで落としますので、
錘はクッションのついた錘を使います。

ハリスの長さは矢引き程度で、流れが速いときは
真ん中当たりにジンタンを打ちます。

針は黒字の細地、生き餌用の3号から5号を使い分けます。


これが、私のホームグランドでの仕掛け。


でも、たまにお邪魔する岸和田の一文字などの
少し水深のあるところや、釣り場が高いところだと今中会長の
言われるようなはっきり見える浮きを使うほうが断然楽になります。

やはり、何事も基本をまずマスターしてから、
工夫を重ねるほうが得策と思います。



【関連する記事】
posted by hane at 17:44| ハネ釣り 仕掛け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月21日

ハネ釣り 竿

スズキやハネを狙う釣りの場合、
その釣り方によって竿、リールなどのタックルが変わります。

エビ撒き釣りの場合でも、
探り釣り、ズボ釣り、浮き釣りで異なるんですね。

探り釣りの場合は、場所にも寄りますが、
6m以上の長い竿で、竿下を探っていきますから、
リールは扱いやすい両軸リール。

エビを撒きながら、仕掛けを餌がたまるようなポイントに
竿をコントロールしながら送り込んでいきます。

テトラや、沈み根があるようなところを狙うことになりますから、
少し太めのハリスを使います。

ズボ釣りの場合は、水深のある場所で棚を変え、
底巻き器を使ってエビを撒きます。

岸壁などの際を回遊するハネを撒き餌で寄せ、
足止めさせるつりなので、イカダ竿のような短い竿を
2,3本棚を変えて置き竿にしたりします。

最も基本的な浮き釣りの場合は、平均的に竿2本分くらいの沖目、
遠いときは、遠投もしますから取り回しのよい、
4、5mくらいの磯竿で、誘導浮きという仕掛けになります。

あまり長いと取り込みが難しく、短いとスズキやハネの
動きをかわすことがむつかしくなります。

どの釣り方をするにしろ、
その釣り方にあった竿、道具選びが必要ですね。

エビ撒きのハネ釣りの場合は、
特に竿などの道具だけでなく、釣り方なども
丁寧に教えてくれる

ハネ釣り名人、今中毅のハネ釣り必釣法

などを参考にすると判りやすいですよ。
ラベル:ハネ釣り,竿
posted by hane at 14:11| ハネ釣り 竿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月16日

ハネ釣り仕掛け 

釣りの仕掛けというとハリスと針と考えがちですが、
浮き釣りの場合は、浮き、浮き止め、錘、ハリス、針を、
竿とリール、道糸につけますから、
これらを含めて仕掛けとすることにします。


単に竿からたれている糸に針をつけただけのシンプルなものと比べ、
浮き、浮き止め、錘、ハリス、針と余分なものをつける分だけ、
トラブルの可能性が増えるわけです。


ですから、全体のバランスを考えた仕掛けにする必要があります。


水深があるところでしたら、
浮きは固定にせず誘導浮きになります。


そうすると、スイベルという浮きを移動させる道具をつけ、
水深に合ったところで浮きを止めるという
浮き止めを道糸につけなければなりません。


錘はハリスの上に付けるのですが、水深が深いと、
仕掛けを投入する前の浮きは錘の近くにあり、
投入すると浮きが水面ののこり残りの仕掛けが沈んでいくわけです。


この移動がスムースに行われるよう、そして、
仕掛けが定めた水深まで届いたら浮きが浮き止めまで移動して
落下が止めるというシステムを組むわけです。


錘は餌のついた針を自由落下より早く、狙いの棚に餌を届けること、
そして、魚が針掛かりしたとき違和感を与えない重さで、
針、ハリスと伝わってくる魚からのシグナルを消さず、
道糸を通して出来るだけ正確に伝えることが出来るもの。


針は生き出来るだけ餌を弱らせないもので、
魚から針だと見ぬけられにくいもの、
ハリスは針のついた餌が出来るだけ自然に動いて見えるもので、
魚が針にかかった時に、その力を吸収しつつその強さに耐えるもの。


こうしたことを総合的に考えたシステムとしての仕掛けを作ります。

その標準的な仕掛けというのが、
ハネ釣りでご紹介した物となります。

そして、実際にハネ釣りに出かけた場所で、
天候などに合わせて、アレンジをしていくこととなります。

posted by hane at 15:11| ハネ釣り 仕掛け | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハネ釣り名人、今中毅のハネ釣り必釣法


お探しのものがあれば、検索してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。